薄毛治療法(AGA)におすすめのジェネリック医薬品。

応援する看護師 育毛・発毛

こんばんは、ラボ長の時任です。今日は薄毛、抜け毛の悩みを解決します。

まず、最初に言わせてください。髪の毛を増やすことは出来ます。植毛ではなく、自毛で!
病院に行く必要はありません。高いお金もいりません。ハゲ改善、生え際後退、頭頂部の抜け毛対策、薄毛対策。これが答えです!今日はそんなお話です。「最近、髪の毛が薄くなってきた」「生え際がやばくなってきた」時任の周りにも、そう言っている友人たちがいます。

悩む男性

彼らが薄毛の悩みを打ち明けるとき、時任はいつも髪の毛を増やす方法、ハゲ防止の方法を教えてきました。でも友人たちはみな、時任のアドバイスを実行しません。何故でしょうか?
時任が思うに、彼らはハゲ予防、薄毛治療が恥ずかしいか、またはそれは一部の人が行う特殊なことで、自分がそれを行うということに抵抗があるのでしょう。
はっきり言いますが、それじゃあ、ハゲるのを待つだけです。本当に薄毛治療、ハゲ予防をしたいなら、それを実行しなければなりません。時任も、30歳になってから、左右の生え際が後退してきました。

おそらく、このブログを読んでくれている多くの方も、年齢からの薄毛、脱毛に悩んでいるのだと思います。M字ハゲ、生え際の後退、頭頂部のハゲ、薄毛に。もともと、髪の毛が細く、抜け毛が多く、髪にボリュームの無い時任でしたが、2年前から発毛、育毛に取り組みました。
AGA、男性型薄毛症というジャンルが確立されているのを知り、勉強してみるとまさに自分の症状にぴったり!しかも治療法も完全に確立しています。よくAGA(男性型薄毛症)治療というと、病院に行って保険適用外で受ける治療と思われるかもしれませんが、結局、あの病院でやっているのも薬の処方です。その薬が『プロペシア』です。

『プロペシア』はネットで買うことが出来ます。しかし、『プロペシア』は薬自体がなかなか高いのです。そこで、時任が選んだのがジェネリック医薬品です。ジェネリックとは、そのお薬の特許が切れた後に販売される、同じ成分の医薬品のことで、同じ薬がとっても安いお値段で手に入る仕組みのことです。『プロペシア』にもジェネリック医薬品が存在しています。

『プロペシア』のジェネリック、『フィナロイド1mg (FinaLloyd)』です。時任はこれで完全に髪を増やしました。はっきりわかるほど、明らかに毛量が増していきます。今では美容院で「お客さんはとても髪が多ので~~」と言われます。『フィナロイド1mg (FinaLloyd)』(プロペシアのジェネリック)

なぜこの『フィナロイド』で髪が増えるのでしょうか?
よく、男性ホルモンが抜け毛やハゲの原因だと思われていますが、実際は、男性ホルモンのうちの一部が、5αリクターゼという還元酵素によってDHT(ジヒドロテストロン)というホルモンに変わり、そのDHT髪の毛を作るための細胞分裂を減らしてしまうのです。

『プロペシア』『フィナロイド1mg (FinaLloyd)』は男性ホルモンが髪の毛を減らすDHTに変化するのを抑制します。この『フィナロイド』はプロペシアと同じ成分の薬で、ジェネリックなので値段が安い。超有名なAGA(男性型薄毛症)治療薬『プロペシア』がジェネリック価格で注文できます。なので時任はこの『フィナロイド』を今も毎日使っています。

さあ、安いプロペシアジェネリックで、薄毛を治しましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました